読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳(じゆうちょう)

桑井鳴の自由帳

2017 4/1セレッソ大阪vs横浜Fマリノス

タイトルの通りの試合を見てきた。

フォーメーションとか結果とかはこのブログに辿り着くまでに見てると思うので書かない。

NBAマッチレポート(弱)と同じく気になった点を箇条書きにする。

 

・木本CB

山下達也の怪我で大卒2年目の木本恭生がCBに入った。前の試合からであり、かつ相手がマリノスなので負けても良いかなぐらいの気持ちで見ていたのだが試合が始まるとその老け顔から出る異様なほどの安心感。相方がヨニッチなことも要因だと思うがあまりピンチでも慌てず見ることができた。

 

・マルティノフ、齋藤

このマラソン体型の黒人にマッチアップしたのは普段守備が不安視されている丸橋。しかもその前には柿谷。怖かったのだがほとんどチャンスを与えることなく、フラストレーションをたっぷり溜めさせた。

対して松田は齋藤とマッチアップ。前半はほとんどチャンスを作らせず、後半もある程度侵入されたものの、最後のところでは守りきった。

 

・気になった守備

マリノスの攻撃の時に最終ラインまで下りてビルドアップに参加したボランチの選手に易々とセンターサークル超えるぐらいまでドリブル侵入を許していて、ディフェンスが寄せることはなかった。この後ソウザがその選手を潰したりしたのでまだ良かったもののそれ以上の選手になるとここが致命傷なる可能性もある。

もう一つはサイドに人数をかけられた時の守備。マリノスはしばしばサイドに人数をかけてパス回しをすることがあって、ソウザがそれに釣られてサイドに出た。その時にマリノスは手薄な中央に選手を侵入させてディフェンスを崩す。この時ソウザはやはりサイドに釣られる。かつボールの位置がサイドで、ある程度しっかりコースを切っているので、サイドチェンジされることはない。そうなると、もう1人のボランチ、山口蛍が中央を締めなければならないのではないか?そこが最も不安になる点であった。

 

・柿谷、杉本

試合後にネット掲示板を見ると、だいたい柿谷と杉本の批判が書かれている。役立たずとか、競らないとか、見た目ばかりとか、変えろとか。元々ユース出身で期待されてたからその反動で批判が厳しくなるなんてこともあるだろうが、そもそもこの場合、批判が的確でない。

この試合では丸岡満が獲得したPKを柿谷が強奪して決めたなんて言われていたが、それが問題なのか。むしろあまり調子が上がってなさそうな柿谷はPKでも良いからゴールを決めたら気持ちが楽になるのではと思うぐらいだった。

また柿谷はこの試合で途中交代となり、活躍しなかったら柿谷でも外すという尹監督からのメッセージなんて的外れなことを書かれていたが、あの途中交代は試合をしっかり見たら理解できるはずだ。後半も終わりかけで、無失点で終わりたい。かつ柿谷は速攻も走れず、ディフェンスもあまり戻れない、つまりバテている状態だった。だから代えたにすぎない。

杉本は競らないなどと言われるが、今シーズン着々とハイボールを競るようになってきている。またスルーしすぎ、撃てなどというのは完全にファンのエゴである。杉本をトップとして成功させることができると、本人にとっても幅が広がるので今の挑戦はありだと思うのだが。

 

・総評

リーグ2連勝。ルヴァンカップの含めると3連勝と、セレッソ大阪は次第に調子を上げてきている。尹監督の下、大熊時代にはありえないシステマチックさを得た。まだまだ完成してはいないはずであることを考えると楽しみにならずにはいられないはずだ。

今シーズン待っているのは最高の週末だろう。

マッチレポート(弱) GSW@SAS 3/29

今回はいろいろ狂ってしまったゲームをレポートする。

・1Qの最初の方は異常なほどSASペース。ダニーグリーンは3をいつもよりも半端なく高確率で決め、GSWはターンオーバーを何回もして、抑え切る。どう見ても異常以外の言葉がでない。

・1Qの後半の方には、GSWが点差を捲り始めて、これはヤバいなと思い始めたところで1Q終了。ラッキー。

・2Qからは基本的にGSWのペース。メンタルがやられまくった。

・ポップにしては珍しいことにタイムアウトがちょっと遅め。あまり勝利を気にしていなかったのか。

SASはセットオフェンスをほとんど使うことなくオフェンスを行った。これは作戦なのかなんなのか。

・マギーはシャクティン的なプレーも多かったものの、身体能力はやはり化け物。でもアリウープはほとんど阻止された。

・GSWは後半から特にディフェンスを締めたため、SASが入り込む隙間が見当たらなかった。

・GSWはもうすぐーKDが復帰するかもよなんて発表をしたらしい。このチームにKDが入るのか。無理だろこれ。

・GSWはイグダラとウェストがほとんどショットを外さなかった気がする。特にウェストはスリーまで決めて来た。スペイツかよ。

・ウェストにとってもリーにとっても古巣対決。良いよねそういうのって。

・GSWに対してシーズンスイープはできずに終わる。カイルアンダーソンはGSW戦だけPTが長い気がする。データは知らない。

個人的ファン論

私はJリーグセレッソ大阪NBAサンアントニオスパーズのファンだ。前者はサポーターなんて呼び方もあるのけれど。それで、NBA用のツイッターアカウントもあって結構楽しいんだけど、最近妙な人がいる。現在のNBA勢力図はトップにGSWとCLEがいる感じだけど、最近そのチームを好きになった人たちが一部先鋭化してきている。ざっくり言うとレブロンファンとステフファンの喧嘩がちょこちょこある。

だいたいの場合、レブロンとステフのどっちが世界一のプレイヤーか、で言い合いしてるんだけどそれって好きじゃない。と言うか嫌い。

まずレブロンとステフのざっくりとした比較をしておく。
レブロンは高卒ルーキーでNBA入りして、CLEからMIAに移籍してウェイド、ボッシュとのビッグ3で2連覇。3連覇はSASに阻まれてCLEに帰還。そこからGSWとファイナルで戦う。レギュラーシーズンは多分しっかりと手を抜いている。私なりの評価で言うとある程度のベテランになって来たけど未だにゲームへの影響力はトップだと思う。ガタイはゴリラなんて言われるぐらい良いオールラウンダー。
ステフは父親が元NBAプレイヤーの2世選手でGSW一筋のフランチャイズプレーヤー。スリーポイントが特長で今でさえ凄いのに多分キャリアの終わりにはすごいことになってる。正直入り出したら細かい技術とかも非常にあってアンストッパブル。比較的細く見えるPG。優勝経験あり。

まずこの雑な紹介でも見て取れるように、この2人を比較する理由は全くない。プレースタイルもキャリアも体格も全く異なる。ファイナル成績だけで見ると過去2年でGSW-CLEは1勝1敗で比較すべきなんて思う人もいるかもしれないが、また別の話だ。


そもそも何のためにファンになったのか。それを思い出してほしい。そのチームの、その選手のプレーを見て、それがかっこいいなと思ったからのはずである。何故それが他の選手の否定に繋がるのか。自分にとってある選手は最高だ。これで十分ではないか。何故わざわざ他の選手を貶す必要があるのか。


全くそのようなことはありえない。好きなものは本来、絶対性を持つものであるはずだ。何故相対化する必要があるのか。


そしてスポーツチームが好きな人の話をすると、初めは強豪チームを好きになるだろう。しかしだいたいのチームはいつか弱くなるものだ。その時こそファンの真価が問われると思っている。
弱い時期も応援することで、ファンもまた、強くなるのだ。

青春は商品

中学校は普通に地元の公立に通っていて、学年2クラスしかないながらもいろんな人がいたわけだけれども、先生が1番好んでいたのは「皆と仲良くしよう!」って口だけは言うちょっとヤンキー系の人だった気がする。私は昔っから妙に「浮く」存在で皆と仲良くなんて高尚なことはできなかった。とは言ってもだいたい業務連絡ぐらいのコミュニケーションはできましたよ。そのせいで多分先生には大人しいって思われてたはずだし、同級生には半端に嫌われてた。

ヤンキーさんたちは当時授業はあまり来なかったんだけど、体育祭とか文化祭とかの行事ごとになるとわらわらと毎日学校に来ていた。で、そんなときにはヤンキーさんたちはリーダーシップを取ろうとするわけです。しかも、ある程度の人はついていくわけです。当時のヤンキーさんたちの感覚で「ノリがいい」てのがあって、その集合に含まれる人たちはついていってたな。で、やっぱりそんな中で行事ごとに意味を見出せない私みたいな調子に乗った人が複数人いて、でもついていかない理由もあまりなくなんだかんだついていった。そうなるとヤンキーさんたちは全員が自分についてきてると思うんだろうね。「絆」なんて大層な言葉を多用するようになるんだよね。個人的にこの「絆」ってのが嫌いだった。と言うか今も嫌い。絆って言ってつく傷な。
まあ確かに地元の通ってる学校に愛着はあったよ。卒業式には1人前に泣いたし。でもどうせ偶然近くに住んでた人たちでしかないから同級生とかの人に対する愛着はなかったんだよね。どうせ3年間だしって感じで。
でも、そんな時に先生はリーダーシップを発揮してるように見えるヤンキーさんたちを高く評価する。正直ただの恐怖政治なんだけど。当時は全く理解できなかったけど、今思い返せばあれは先生たちの中の「青春っぽい」だったんだろうね。少なくとも小中学校ではホームルームとか集会とかで「皆と仲良くしなさい」とか言われたんだけど、正直無理としか思わなかった。多分大人の世界の方が遠慮とかがそこらじゅうにあって、本音をぶつける相手を選ぶからある意味生きやすくて、でも子どもの世界、と言うか大人から見た未熟に見える社会では、みんなが自己主張してるし、遠慮はないし、暴力的だし、で生きづらいと思う。でも大人の世界も多分生きづらくて、その現実から逃げたいんだろうね。必要以上に子ども時代を美化する。それが結局は安っぽい空想的青春ドラマに繋がると思う。で、それがリアルになったのが多分学校の先生。ちなみに私は先生から見たら仕方なくついていってる感じとかが丸見えだったらしく、気を遣われた。この場を借りてお詫び申し上げます。すみませんでした。

30人31脚とかロープジャンプとか27時間テレビでやってたトランポリンダンクとか甲子園とか高校サッカー選手権とかは青春消費行動だと思っていて、おもしろいとは思えないんだよね。まあロープジャンプは1回参加しましたけど。予選落ちです。きっと記録に残ってないだろうね。あれで駆り出された応援団の吹奏楽部とか人数合わせで仕方なく参加したって人にはきっと不満を持つ人がいるはずで、でもそれを無視して大人たちは間に合わせの団結を青春なんて言葉で片付けてわざわざ感動までする。自分たちが商品になってるにも関わらず収入とかが一切ない青春の提供者がかわいそうだと思う。


つまり何が言いたいかと言うと、青春なんてそんな良いものでもないよということです。

マッチレポート(弱) 3/23MEM@SAS

自己紹介の次の記事はNBA

気になった部分を箇条書き形式で纏めることにする。

だからマッチレポート(弱)

 

・パウとリーのラインナップの時のディフェンス

昨シーズンまではダンカンがリング下の番人をしていたので、ディフェンスが非常に強固であったが、ダンカンの引退後、加入したのは彫像のような顔のスペイン人パウガソルとドアマンなんてニックネームのデビッドリー、そして18歳でバスケットボールを始めたばかりの若手、デドモン。どう考えてもディフェンスは弱くなる…はずだった。

蓋を開けて見ると失点数はリーグ2位、100ポゼッション毎の失点数を表すDRtgはリーグ1位の「少なさ」である。

ここで、パウとリーのディフェンスに注目すると、全然ソフトでもドアマンでもない。むしろなかなか強固である。

 

・カワイのアイソレーション

シーズンが始まって、またカワイが進化していた。まさかカワイのアイソレーションが武器になる時が来るとは…なんて感動している。タフショットすらもどんどん決める。

ただし、だ。オープンにはパスしてほしい。この試合でもパウがイージーレイアップできる状況で自分で打った。結果的に入ったが、POに入るとこうはいかないだろう。

 

・ベンチメンバー

その一方、ベンチメンバーのボールムーブは非常に良い。特にミルズが当たる日には止められなさそう。

カワイとLAが出ているかで戦い方が変わるのかもしれない。

 

・40歳

紛れもなくビンスカーターのことだ。オープンとは言え、40歳があれだけスリーポイントを打って、決めるのかと驚いた。

 

タイムアウト

SASのHCポポヴィッチタイムアウトを取るのが非常に早い。

MEMは流れを取られてから切りにきたのに対して、SASは流れを取られる前にゲームを切る。

早すぎる。

 

・レフェリー

あまりにも不安定。レフェリングはズレていても一貫していれば対応できる。しかし、一貫しなかったらどうにもならない。ベンチテクニカルを1回ずつ取られたのは正当な講義だと思う。(ルール上認められていなくても)

 

・パーカー

調子良いとかではない。迷彩ジャージの時だけ妙にショーツ長くない?

 

・ディフェンスコミュニケーション

さっきはディフェンスが良いと言ったものの、ディフェンスでのコミュニケーションミスが少し気になった。

 

・ガードのラインナップ

一時ガードがパーカーとミルズだったことがあって、サイズで絶対に負けるし、ディフェンス無理だけど、オフェンスはヤバそう。でも怖い。

 

・総評

なんだかんだで今シーズンSASはMEMに勝てていなかった。そのため、とりあえずシーズンスイープされないことは確定したので良かった。

残り10試合程度だが、SASがRS1位を狙える位置にいる。今シーズンは1位を狙う意味があるので、狙ってほしいのだが、疲れも残してほしくない。

どうするのだろうか…

 

自己紹介

初めての記事ということで、自己紹介をします。

桑井鳴と言います。本名ではありません。

このブログでは日々思ったこと、NBAセレッソ大阪など好きなことを好きなように書いていきます。

よろしくお願いします。