読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳(じゆうちょう)

桑井鳴の自由帳

自傷癖ありました

最近気づいたんだけど、私自傷癖あったんだよね。まあ一般的に自傷癖って言って思いつくようなリストカットとかはしたことないし、メンヘラってわけでもないんだけどね。
自傷癖って結構幅広い行為があるらしくて、さっき言ったリストカットから自分の髪の毛結構抜くとか爪ガシガシ噛むとかまであるらしい。私はその中のいわゆる皮膚を毟る癖なんだけどね。別に気にしないんだけどね。よりによって髪の毛の生え際の皮膚を掻き毟ってるんだよね。さすがに他人から見えるからね。だめでしょって思ってる。別のところだったらこれほど気にしなかったんだけど。まあとりあえず、社会生活に影響出るほどにメンタルやられてるわけではないんで、ね?

この前知り合いがネガティブな気持ちになるのが嫌だって言ってたんだけど、ネガティブって正直そんなに悪いものじゃないと思ってる。当然ネガティブを拗らせるレベルまで来るのは良くないけど、その部分はポジティブも同じ。
人間であるからには何処かに負の感情はあって、それは当たり前のことだと思っている。思想の自由をもっとカジュアルに捉えようみたいな感じで。ネガティブの自由。で、問題はその表現。例えば、他人に愚痴を言うように、他人に直接吐き出すことは良いと思う。でもその代わりあなたも愚痴を聞いてあげましょうねとだけ言いたい。他にもTwitterやブログで吐き出すのもあり。誰が見てるかわからないのを認められるのならば、だけど。問題は負の感情を発散するために何かを傷付けないといけない人。自傷行為もそうだし、他人に暴言吐くであったり色々ある。その人は、使い古されすぎた言葉でもあるんだけど、1度他人の視点から考えてみよう。リスカしてる人を見たい?他人の愚痴で暴言吐かれたい?まあこの言い方も酷だと思うんだけど。

そう言えばなぜネガティブが悪くないのか言ってなかったな。ネガティブは自分を悲観的に捉えるものだと思うんだけど、つまり自分の欠点を気にしすぎることだと思うんだけど、きっと頑張ろうって思うきっかけになるんだよね。
そして他人とかの自分ではどうにもならないことでネガティブになることはナンセンスだと思う。別にいじめられてる人にそんなこと言うつもりはないんだけど、他人なんて最終的には自分の力でどうにもならないんだから。そんなこと気にすることで自分のリソース使うの勿体ないと思わない?ネガティブになっても何もないよ。自分のなんとでもなる範囲で心を動かしたら良いと思うよ。
(自分のなんとでもなる範囲についてはまた気が向いたら書こう)