読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由帳(じゆうちょう)

桑井鳴の自由帳

子どもの日ということで、教育と大人の理想像の話

去年辺りに国公立大学の人文系廃止というニュースがあった。また先日には「職業人」を大学は育てるべきだ、というニュースがあった。この流れは良くないと思っていて、それは他の教育行政についても同じだ。小学校の英語教育や直接法での英語教育、道徳の成績評価など。このようなことをしていると日本人は中身の薄い人間になるのではないのか?という話をしていく。(先に言っておくがこれは教育行政批判であり、政権批判ではない。勘違いして持ち上げたりキレたりしないように。ってかそんな人を批判してるんだけどね。)

 


1.英語教育
英語教育はどんどんとコミュニケーション重視になってきている。おそらく中高と英語を勉強してなぜ英語でコミュニケーションを取れないのかなんて一見当たり前に聞こえる意見を言った人がいたのだろう。しかし、中高と勉強したぐらいでそれを堪能に扱えないのは当たり前である。このブログをありがたいことに読んでくれている人はなぜ白村江の戦いが発生したのか、なぜ江戸時代に上方で町人文化が発達したのか説明できるだろうか。これは大学入試の日本史で出題されうる問題であるが、ほとんどの人はできないだろう。しかも中高生なんて受験生でもない限り大して一生懸命に勉強していない人も多いのだから当然であろう。
ところで英語教育のそもそもの目的は何なのか。それは英語を「読めること」であり、「書けること」である。外国人と笑顔で日常会話をすることなんかではない。もちろんその必要性も認めないではないが、そんなものは書いて読めたらあと少しのリスニング練習で事足りる。そもそも、学校とは学問をするところであり、学問をするところでの英語教育は英語で書かれた論文を読むことがゴールであるべきだ。
また英語教育といえば、最近では小学校でもしているという。スピーキングとリスニング重視でらしいが、どういうつもりなのか。小学生といえば正直日本語もまだ理解できてない子もいる。そのような子に英語を教えたところで大してできないのが関の山だ。また、リスニングは中学高校からでもなんとかなるし、そもそも流暢に英語を話せる必要はない。
その上、英語を英語で教えるなんてことも聞いたことがある。それはただただナンセンスである。考えてみればわかる。英語を理解していない人が英語で英語を教えられてもそもそも理解できるはずがない。また、それを行う前提として教員が英語で英語を教える能力を必要とするが、そんなものあるとは思えない。
こう考えると、いかに英語教育の方向性が間違えているかわかるだろう。

 

2.道徳教育
先生が道徳の評価を行うらしい。私は単純に先生にそのような能力はないと考えているので反対である。私が小学生や中学生の頃は道徳といえばテスト返却や事務作業の時間だった。正直総合と何も変わらなかった。今では道徳の教科書を毎週使って道徳の授業をしているのだろうか。その辺りのことは知らないが、ほんの数年前までは道徳の時間をそのようにして使っていた先生が児童や生徒の道徳の成績を評価できるはずがない。
また、小学校では特にその傾向があるのだが、先生は「みんな仲良くしましょう」なんて絵空事を吐く。そういった先生はなぜかみんなで遊ぶ昼休みの曜日なんかを作ったりする。確かにこれは外で遊びたい子に合わせて「みんな仲良く」するポーズを取っていると言える。ではなぜ読書が好きなインドア派の子に合わせてみんなで読書する昼休みの曜日を作らないのか。完全に二枚舌であると言わざるを得ない。
つまり、先生は自身の価値観を児童や生徒に押し付けがちだ。先生にそのような傾向がある以上、道徳の時間も自身の価値観を押し付けるだけの授業になる可能性が高いし、偏った成績評価になる可能性も否めないのである。

 

3.「職業人」と大学進学率
今では約半数の高校生が大学に進学するらしい。その内どれぐらいが学問をしようと大学に入っているのだろうか。以前、奨学金返還滞納率の高い大学ランキングなんてものを見たが、あれは大学と呼んでよいレベルにあるのだろうか。現在、レベルの低い大学では中学英語の復習を授業内でしているらしい。高校内容の英語を復習するようなところも当然のように存在するという。そのような学生が集まる大学に存在価値はあるのか。いや、あるはずがない。
現在一部で話題になっている、大学で職業人を育てるべきという考え方もこのような価値のない大学を潰せば一発で解決しうる。わざわざ大学に進学する必要はない。高卒で就職すればよいのだ。そうすると大学で無駄に過ごす可能性のあった4年間を職業のためだけに利用できる。
そして、私は大学まで授業料無償化、大学院は学生に給与を与えるべきと考えているが、こうすると無駄な財源を使うことなくこれが可能となるだろう。
また、以上のようなことを言うと「大学に進学する人が多いということはその国の文化レベル云々」なんて文句を言う人もいるが、もう一度言う。現在の日本の偏差値の低い大学に文化的、学問的な価値はあるのか?

 

4.理想の大人像
道徳教育の部分でなんとなく理解した人もいると思うが、私にとっての理想の大人像は「しっかりと考えることができる、精神的自由を持った人」である。たとえば、ある程度の年齢の人に多いのだが、先輩後輩関係は厳しくあるべきという考えの人がいる。そのような人は後輩の思考を妨げるし何より後輩から学ぶことができない。このようなしがらみをフラットに考えることができるのが精神的自由であると私は考えている。
そのために、人文系の素養は不可欠だ。文学は思考のきっかけになる。外国語は知見を広げるきっかけになる。また社会学は人間社会を知るきっかけになる。つまり、この記事の最後の主張として人文系の学部学科を廃止してはならないと述べておくこととする。


追記
タイトルは子どもの日としていますが、子どもの日にこの記事を準備しきれませんでした。申し訳ありません。